【生徒さんに恵まれて新規集客に頼らない】インストラクターや講師業を目指す方へ経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

インストラクターや講師業ですでに開業している方に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。これからインストラクターや講師業で開業したい方に向けても情報を発信しています。集客テクニックだけじゃない経営アドバイスもしています。私自身はポールダンススタジオ経営8年目、400名以上を指導してきました。

2016年にスタジオをオープンしてからの悩みとその解決方法

2016年に私がポールダンスのスタジオをオープンしてから、悩んだこととその解決方法について書きました。

悩みは全て、人間関係についてです。

今、教室やスタジオ経営で思い悩んでいる人の心が少しでも楽になれば幸いです。

 

・他のスタジオと、自分のスタジオとの比較

他のスタジオが募集でキャンペーンをしていたり、盛り上がっている写真をSNSで見ると、いつも心がザワついていました。

SNSでは相互フォローしているので、よその情報が入ってくるのですが、見ていて辛くなるので極力SNSは見ないようにしています。

「うちはうち、他は他」の気持ちを忘れず、生徒さんや新規で来られる方のために尽力するように努めています。

 

・合同発表会での自分の立ち回りについて

初めは発表会のやり方を知らなかったので、慣れている先生に色々教えてもらいながら合同という形をとっていました。

しかし2年目から、「自分だけ作業量が多いのではないか」、「うちから出演させる生徒数が多いのに報酬は同じなのは不平等」など、考えていて気分が悪いことが多くなったので、それ以降は合同発表会はせず主催をするようにしています。

主催は合同発表会より責任のリスクが高くなり作業も増えますが、誰かの顔色を伺ったり、損得勘定が生まれることがないので、その点は楽になりました。

 

・主催した発表会の事後クレーム

クレームを受けた時は、自分が全力を出したものに対して色々言われるのは辛いと思いましたが、「生徒さんのために良い舞台を用意したい」という目的を思い出して対応しました。

解決方法を簡単に説明すると、もっと良い舞台を作るために次の発表会を提供するという結果にしました。

クレームの原因を追求して誰かを悪者にする解決方法では、何も生まれないと思ったので、次に繋がる方法を取りました。

この考え方は普段にも活かせるので、人生がより楽になったと自負しています。

 

・テレビに出るとイタ電が多くなったこと

悩み事ほどのことではありませんが、テレビ出演は良し悪しだなと思いました。

本当にうちが良いと思って通ってもらいたいという想いがあるので、その方が見る時間帯の番組や媒体なら出ることに意味があるかなと思います。

テレビに出演して良かったことは、親族や知人に元気な姿を見せられたことぐらいですかね。

時々テレビの撮影の連絡がありますが、「話がなくなれば良いな」と思いながらお話を聞いています。

 

教室やスタジオを経営していて悩んだことは誰でもあるかと思います。

お金の悩みも大事ですが、解決しづらいのは人間関係や自分の心のあり方じゃないでしょうか。

そこに気付けば集客やお金の問題も変わっていきますよ。

 

▷ 私の独立開業について

 

▷ 個別コンサルのサービスと料金について