ダンス教室、ダンススタジオの開業支援、経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

ダンスやヨガ教室を始めたい人、すでに経営している人に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。フリーのインストラクター向けにも情報を発信しています。ポールダンススタジオ経営8年目、400名以上を指導してきました。

ダンス教室、ダンススタジオ集客のコツ

レッスンの集客ができない理由は、投稿や発信に意図を持たせていないから

SNSやブログを頑張っても集客できない理由は、投稿や発信に意図を持たせていないからです。 意図を持たせていない投稿や発信とは以下です。 ・お知らせなどの事務的な内容 ・誰得にもならない内容 ・内輪で盛り上がってるだけの内容 あなたの教室やスタジオ…

集客効率が良い媒体を見つける方法

集客効率が良い媒体の条件とは次の2つです。 ①ターゲットの人が見ている媒体であること ②あなたが無理をしなくても投稿や発信を続けられること ①は言わずもがなですが、ターゲットの人が見ていない媒体に一所懸命の力をかけても無駄です。 ただし、最初はど…

【パターン別】集客できない理由と見直すポイントまとめ

パターン別の集客できない理由と見直すポイントについてまとめました。どのパターンでも、「お客さんが知りたいことが書いてあって、問い合わせしやすい」が集客できるための条件です。 パターン1)「サービス名+地域名」ネット検索で上位に出てるが集客で…

教えるための技術があることと集客できることは別である

教室やスタジオ経営では、教えるための技術や知識があることと、集客できることは全く別だと考えておく必要があります。 大切なのは、あなたのレッスンやサービスを必要な人に知ってもらって、その人に対して期待以上のものを提供できるかどうかです。 お客…

集客できる文言を簡単に見つけたいなら、お客さんを演じれば良い

集客できる文言を簡単に見つけたいなら、ターゲットとなるお客さんや生徒さんを演じてみると、お客さんに刺さる言葉が勝手に出てきます。その言葉をSNSやブログに入れると集客はできていきます。 これは、ダンスやヨガ、フィットネスの業種に関係なく使える…

お金をかけて集客サイトに掲載しても良い条件とは

お金をかけて集客サイトに掲載しても良い条件について書きました。ダンスやヨガ、フィットネス系以外の他業種の方にも参考になれば幸いです。 集客サイトにお金をかけても良い条件とは以下です。 その集客サイト自体に集客力がある あなたのサービスに需要が…

問い合わせ率を上げたいなら、複数の問い合わせ方法を準備する

問い合わせ方法は、問い合わせフォーム、電話、LINE、メールアドレスなど複数あればあるだけ、問い合わせ率は上がります。 なぜなら、文字入力が面倒な人や入力に慣れていない人はすぐに電話をかけたいし、LINEに登録して色々通知が来るのが嫌な人は問い合わ…

集客のコツは「誰にどんな価値を提供するレッスンか」を明記するだけ

レッスンやトレーニングの集客で大切なことは、誰にどんな価値を提供するレッスンなのかを明記することです。ここが定まらないと、ブログやSNSに何を書いたら良いか分からなかったり、「一緒に楽しみましょう」というような抽象的な集客文しか書けないことに…

集客できることとSNSやブログの投稿頻度は関係ない

7年以上スタジオを運営して分かったことは、「集客できることとSNSやブログの投稿頻度は比例しない」ということです。 投稿頻度より、投稿内容の方が大事です。 集客したい方が初心者・経験者に関わらず、その人の悩みが解決できることがブログやSNSに書かれ…

既存の生徒さんのためにレッスン作りをした方が売上は楽に上がる

既存の生徒さんのためのレッスン作りをして、週に何回も通ってもらえるようにすれば自ずと売上はアップします。 新規集客は時節などに左右されるので、どう頑張ってもできない時があります。 そんな時は新規集客に執着せず、既存の生徒さんに全力を注いだ方…

集客できるSNSの動画は、正面からではなく、実際にレッスンを受けている目線での動画

SNSに動画を投稿するなら、正面からではなく、実際にレッスンを受けている目線での動画の方が集客ができます。 理由は、自分が実際にレッスンを受けているのをイメージできるからです。 そして、その動画にすごく上手い人やキレイ過ぎる人が映っていると、初…

「どの時間にレッスンを設けると人は来るのか?」という悩みを解決する方法

「どの時間にレッスンをすると多くの人に来てもらえるのか?」と思ったことはないですか? 絶対この時間というものはありませんが、考え方の参考になれば幸いです。 ◉ ターゲットから考える 【仕事の休みが土日祝の人】 ・基本的に平日夜に来ることが多いが…

7年運営して分かったことは新規が来ない時は自分に原因がある

スタジオを7年運営してきましたが、新規の予約が入らない時は、体験レッスンに来て欲しくないと思っている時だと分かりました。 私が、新規の人にできれば来て欲しくないと思っている時とは以下です。 ・発表会やイベント前 →自分の練習もあり、新規の方のレ…

体験レッスンの申込みを激増させる超簡単な方法

体験レッスンへの申し込みを増やすには、初心者でも通いやすい雰囲気を全面に出すことです。 「自分にでもできそう」「うちの子でもできそう」をいかに思わせるかで、申し込みされるかが決まります。 そのためには、ブログやSNSでは次を気をつけてください …

ラクに教室・スタジオ集客したいなら地域で二番手を目指した方が良い

規模が大きくないダンス教室やヨガスタジオが楽に集客をするためには、地域で一番を目指さないことをオススメします。 地域で一番大きい(生徒数が多い)と、1つのレッスンに人が集まり過ぎてしまい、不満を持つ人が出てきます。 不満がある人は、二番手以降の…

無料体験レッスンの失敗パターンと成功するパターン

無料の体験レッスンが失敗する理由は、あなたのレッスンを受けたい人ではなく、無料だからレッスンを受ける人が集まるからです。 無料を理由にレッスンに来る人や冷やかしの人が多くなるということは、入会に至らなかったり、継続でレッスンに来る可能性が低…

営業電話がないスタジオは、体験レッスンの申し込みも入らない

体験レッスンの申し込みが入る前は必ず、営業の電話やダイレクトメールが増えます。 目安としては、営業が多くなった2週間後ぐらいに、体験レッスンの問い合わせが増えてきます。 営業の会社の人は、色んな手を尽くしてネットやSNSでスタジオや教室を探して…

既存の生徒さんに熱意を注ぐと、実際のところ新規集客しなくてもやっていける

既存の生徒さんに熱意を注ぐと、実際のところ新規集客しなくてもやっていけます。 今、既存の生徒さんが少なくてもこの考えを持っておくと、この先役立ちますのでぜひご参考ください。 新規集客を追いかけると、以下の負のループにはまります。 新規の生徒さ…

フォロワーが少ないインスタでも生徒が集まる理由とは?

SNSでフォロワーが増えても生徒が増えない理由は、他の教室やスタジオに比べてあなたの所に通いたいと思ってもらえる決め手がないからです。 これはダンス、ヨガ、ピラティス、フィットネスに関わらず、どのジャンルにおいても言えます。 いいねの数やフォロ…

生徒さん事例をとことん出すと、問い合わせが爆上がりする

どんな生徒さんがいるのかをホームページやSNSで見せて生徒さんの事例を多く出すと、あなたの教室やスタジオの信頼度が上がるので体験レッスンの問い合わせが爆上がりします。 生徒さんの事例を出していない方は今すぐやることをオススメします。 例えば、 …

チラシ配りより地域の情報サイトに掲載したほうが生徒は集まる

あなたのダンス教室・スタジオに効果的に生徒さんを集めるためにはチラシ配りより、地域情報の発信をしているサイトやSNSにあなたの教室やスタジオを掲載してもらいましょう。 チラシ配りの反応率は多くて0.3%と言われています。1,000枚配って3人が体験レッ…

「ダンス 楽しい」だけでは生徒が集まらない理由

ブログやSNSに「ダンス 楽しい」とうたっていても生徒さんが集まらない理由は、他のダンス教室やスタジオさんとの違いが分からないからです。 「ダンス 楽しい」は当たり前です。当たり前のことを当たり前に書いていても、人は何の魅力も感じません。 しかも…

ダンス・ヨガ・ピラティス教室がインスタで集客するためのポイント2つ

ダンス・ヨガ・ピラティス教室がインスタで集客したいなら載せるべきことは、2つだけです。 レッスンスケジュールと、レッスン風景が分かる写真や動画です。 レッスンスケジュールは文章だけに入れるのではなく、画像も作って載せます。 スケジュールがすぐ…

生徒募集が上手くいく考え方

教室、スタジオ、習い事で生徒募集に困っていませんか?生徒募集が上手くいくための考え方をお伝えしています

スタジオレッスンの集客のコツ

ダンス・ヨガ・ピラティスなどスタジオをお持ちの方へ集客のコツをお伝えしています。レッスンに生徒さんを集めたい方向けです

教室に生徒が集まらない3つの理由

あなたの教室やスタジオに生徒さんが集まらない理由は、認知不足、通う理由が分からない、問い合わせが分かりづらい、の3つです

集客したいならターゲットを絞るよりお断りする人を設定する

ダンス教室・ダンススタジオが集客していきたいなら、細かくターゲットは絞らずお断りする人を決めた方がうまくいきます。 細かくターゲットを絞るとそれに合った人を探すことが目的になってしまって、あなたが伝えたいことが逆に伝わらなくなってしまうから…

ダンス初心者の大人を集客すると売上が安定する

ダンス教室・ダンススタジオで売上を安定させたいなら、大人の初心者を集客してください。大人とは40代、50代以上の方を指します。この年齢層の人は、仕事も生活も安定しているので長くレッスンに通ってくれます。 キッズの方がダンスを習いたい人口が多…

生徒が少ない時に問い合わせ率がアップする募集文言

生徒さんが少ない時に問い合わせ率をアップさせたいなら、「生徒数が少ないからこそできること」を募集文言に入れてください。生徒数が少ないレッスンに通いたい人はいるので、その層にアプローチをしていきましょう。 例えば、このようなことです。 恥ずか…

「ダンスレッスン 安い」を集客で使ってはいけない理由

ダンス教室やダンススタジオのHPやSNSで「ダンスレッスン 安い」と謳っているのを見かけますが、今すぐその文言は消すことを勧めます。 安いを第一に考えている人は、何でも安く済ませることが目的になっています。そのため、あなたのレッスンを安く受講でき…