ダンス教室、ダンススタジオの開業支援、経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

ダンスやヨガ教室を始めたい人、すでに経営している人に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。フリーのインストラクター向けにも情報を発信しています。ポールダンススタジオ経営8年目、400名以上を指導してきました。

レッスンの集客ができない理由は、投稿や発信に意図を持たせていないから

SNSやブログを頑張っても集客できない理由は、投稿や発信に意図を持たせていないからです。

 


意図を持たせていない投稿や発信とは以下です。

・お知らせなどの事務的な内容

・誰得にもならない内容

・内輪で盛り上がってるだけの内容


あなたの教室やスタジオ、レッスンに興味を持ってSNSやホームページを見た時に、「ふーん」と思う内容です。


集客を学ぶと投稿をたくさんしましょうと書いてあるので、それを真似して何も考えずにSNSを更新していたり、書くことが無いからとりあえず何でも良いから投稿していると、「ふーん」と思われます。


個人のSNSやブログでは「ふーん」の内容でも構いませんが、ビジネスとしては適切ではありません。

 

投稿や発信に意図を持たせるためには


・レッスンや教室に対する質問や不安要素が解決できる意図を持った内容を書く

・レッスンを受けることでどんな変化が起きるのかが解かってもらえるように意図を持って書く

・自分たちはどういう想いでレッスンをしているのかを紹介する意図を持って書く


ことを意識してください。


よく、1人のお客さんに手紙を書くようにセールス文を書きましょうと言われますが、それが上記の内容になります。


1人のお客さんは何人いても構いません。

・体験レッスンに行きたいけれど不安がある人

・レッスンを受けたら自分がどうなれるのか分からない人

・先生や教室の雰囲気を知ってから申し込みをしたい人

など色んな方が想定できます。


お客さんを細分化して、その人に向けた言葉で丁寧に発信をすることで初めて集客ができるのです。

当たり障りのない内容や、ただ何となくお知らせを書いているだけのSNSやホームページは誰の心にも響きません。


この辺りを見直してみると、集客数が変わってきます。参考になれば幸いです。

▷ ダンス教室、ダンススタジオ集客のコツ

▷ ヨガ教室、ヨガスタジオの開業と集客方法

▷ トレーニングジムの開業と集客方法

 

▷ 個別コンサルのサービスと料金について