ダンス教室、ダンススタジオの開業支援、経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

ダンスやヨガ教室を始めたい人、すでに経営している人に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。フリーのインストラクター向けにも情報を発信しています。ポールダンススタジオ経営8年目、400名以上を指導してきました。

レッスンを掛け持ちされても嫌な気持ちにならないための方法

レッスンを掛け持ちされても嫌な気持ちにならないためには、考え方を変えるしかありません。

まず、レッスンを掛け持ちされてなぜ自分が嫌な気持ちになるのかを知る必要があります。

 

嫌な気持ちといっても人によって様々です

 

・生徒さんを取られたように感じて悔しいから嫌な気持ちになる

・自分の指導や力不足が原因ではないかと思って落ち込んで嫌な気持ちになる

・自分を選んでもらえず悲しく思うから嫌な気持ちになる

・自分以外の指導が入るとやりにくくなると思って嫌な気持ちになる

・今は掛け持ちでもこの先、あっちの教室に行ってしまうのではないと不安になって嫌な気持ちになる

 

どの部分で嫌な気持ちになったかが分かると、それに対しての考え方を変えていきます。

考え方の一例は以下です。

 

悔しい

「やっぱりこの先生が良い」と思ってもらえるように技術も人間力も磨く。あなたが努力や成長する姿を見せることで、生徒さんの刺激にもなります。

 

力不足

掛け持ちしている生徒さんに要望を聞いてレッスンに取り入れてみる。教室全体で意見を聞いてレッスンを改善していくなど、掛け持ちをきっかけに教室の向上を目指す。

 

選ばれず悲しい

掛け持ちする生徒さん以外にあなた一本でレッスンに通ってくれる生徒さんがいる事実を有り難く思う。掛け持ちしている生徒さんに気を取られて、慕ってくてる生徒さんを蔑ろにしない。

 

やりにくい

あなたの教え方に自信があるなら最大限の指導をして、掛け持ちする生徒さんの成長を応援する。よその指導を知ることで、あなたの指導の幅が広がることもあります。

 

辞めてしまうと不安になる

生徒さんには先生を選ぶ権利があるので、それはコントロールできないと理解する。辞めるかどうかは確定事項でないので、未来に対して不安を持たない。

 

いずれにせよ、生徒さんを束縛することは絶対にしてはいけません。人というのは相手に縛られて不自由を感じると離れたくなります。

掛け持ち禁止なら、入会の条件にその項目を入れるしか方法がありません。

 

人がどんな行動をしても、自分の頭の中を変えることが出来きるというのが、人生がうまくいくコツじゃないかと私は思います。

 

▷ ダンス教室、ダンススタジオの経営と運営のコツ

▷ ダンサーの悩み解決方法

 

集客の方法だけでなく、生徒さんとの人間関係など運営全般のお手伝いをしています。

▷ 個別コンサルのサービスと料金について