【生徒さんに恵まれて新規集客に頼らない】インストラクターや講師業を目指す方へ経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

インストラクターや講師業ですでに開業している方に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。これからインストラクターや講師業で開業したい方に向けても情報を発信しています。集客テクニックだけじゃない経営アドバイスもしています。私自身はポールダンススタジオ経営8年目、400名以上を指導してきました。

無料体験レッスンの失敗パターンと成功するパターン

無料の体験レッスンが失敗する理由は、あなたのレッスンを受けたい人ではなく、無料だからレッスンを受ける人が集まるからです。

 

無料を理由にレッスンに来る人や冷やかしの人が多くなるということは、入会に至らなかったり、継続でレッスンに来る可能性が低くなります。

 

体験レッスンが増えて慌しくなると、既存の生徒さんへの指導が不十分になることが起こり得ます。

その結果、既存の生徒さんは当然のことながら、インストラクターのモチベーションも下がりレッスン全体に悪影響が出ます。

 

これが無料レッスンで失敗する理由です。

 

反対に無料の体験レッスンをうまく集客に生かすには、新レッスンを増設する場合です。

その新しくできたレッスンのみ通うことを条件にした場合なら、無料の体験レッスンは有効になります。

体験レッスンと入会金を0円にする代わりに、数ヶ月分のレッスン料を先に払ってもらう形でも良いでしょう。

 

特定のレッスンにだけ通うのが条件だと打ち出すことで、冷やかしが減ります。

新規しか通えないクラスなら、既存の生徒さんへの指導に配慮しなくて済みます。また「新設のレッスンだから」という理由があれば、無料でも気にならないです。

新規の方と体験の方が混ざっても、レベルに差が生まれにくいのでインストラクターもレッスンがしやすいです。

 

無料体験レッスンは集客しやすい面、デメリットもありますので基本的にはおすすめしません。

金額より、あなたが伝える内容で選ばれるスタジオやインストラクターであって欲しいと私は思います。

 

▷ ダンス教室、ダンススタジオ集客のコツ

 

▷ ヨガ教室、ヨガスタジオの開業と集客方法

 

▷ トレーニングジムの開業と集客方法

 

 

▷ 個別コンサルのサービスと料金について