【生徒さんに恵まれて新規集客に頼らない】インストラクターや講師業を目指す方へ経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

インストラクターや講師業ですでに開業している方に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。これからインストラクターや講師業で開業したい方に向けても情報を発信しています。集客テクニックだけじゃない経営アドバイスもしています。私自身はポールダンススタジオ経営8年目、400名以上を指導してきました。

インストラクターとして独立して失敗する人に共通する口癖とは?

ダンスやヨガ、ピラティス、トレーニングに関係なくインストラクターとしての独立で失敗する人には共通点があります。

 

それは、仕事やプライベートに関わらず「◯◯してくれない」が口癖の人です。

 

人に何かをしてもらったり、してくれないと愚痴を言うのは、いわゆるクレクレ星人です。

仕事でも家庭でも友人関係でも、人から与えてもらうことが目的になっている人は独立で上手くいくことはありません。

 

人に動いてもらうためには、こちらはどうすれば良いのかを考えるのがそもそものインストラクターの仕事です。

 

キレイなお手本を見せるだけで、指導や生徒さんに無関心ではインストラクターとは呼べないです。

そんな人に限って「あの人は言った通りやってくれない」や「私のことを分かってくれない」など生徒さんのせいにします。

 

今は所属している教室やスタジオさんが集客をしてくれていても、独立となるとあなたの人間性で売上が変わってきますので人のせいにするクセはやめてください。

 

集客に関しても、どうやったら生徒さんに来てもらえるのか、人は何を求めているのかを理解しないと新規集客はできません。

この点も「お客さんが来てくれない」というスタンスでは、たとえ独立できたとしても経営を続けていけないでしょう。

 

仕事では「◯◯してくれない」とは口に出さなくても、プライベートではどうでしょうか?

 

旦那さんや子供、友達に対して「◯◯してくれない」と思っていたら、仕事中でもフトした拍子に「◯◯してくれない」がうっかり口から出ます。

それを聞いた生徒さんは「この先生は他人のせいにする人だ」と思うので当然離れていきます。

 

インストラクターとして独立したいのであれば、お金や集客の前に口癖を直した方が良いですよ。

人として、インストラクターとして、経営者として正しい思考があれば独立は頑張らなくても自然とできます。

 

もし独立をお考えで不安なことがあればご相談ください。ストレスなく教室が長く続く考え方などもお伝えしています。

▷ 個別コンサルのサービスと料金について