ダンス教室、ダンススタジオの開業支援、経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

ダンスやヨガ教室を始めたい人、すでに経営している人に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。フリーのインストラクター向けにも情報を発信しています。ポールダンススタジオ経営7年、400名以上を指導してきました。

ダンス教室・スタジオの売上を上げるレッスン料金のもらい方

ダンス教室・ダンススタジオで売上を上げるためには、レッスン料を手渡しでもらうことです。現金でもPayPayでもカード払いでも良いので、お会計の場を作ることが大事です。自動引落しシステムの導入は、入金管理が出来なくなるほど、規模が大きくなってからで構いません。

 

手渡しでレッスン料をいただくことのメリットは

  • 会計時に生徒さん(親御さん)と自然にコミュニケーションが取れる
  • 追加レッスンの誘導や案内ができる
  • 都度払い可能とすることで、単発参加の人も増やせる
  • 月謝分のレッスンに通えない人に損を感じさせない
  • 引落しされていない場合に連絡する手間がない

 

教室やスタジオの立ち上げ時や売上が少ない時期は、生徒さんと積極的にコミュニケーションを取ってお声を聞くことが、生徒さんを増やすために必要になります。

システムを使うと楽になるかもしれませんが、その分生徒さんとの関わりが薄くなります。また、退会や休会の場合、伝える生徒さんも受けるこちら側も両方がストレスになったりします。

 

私のスタジオではしばらくレッスンに通っていて急に来なくなった方でも、数ヶ月後や1年後にまた通い出す生徒さんもいます。転職や引越などプライベートが理由で来なくなった方もいれば、他のスタジオに通っていてうちに戻られる方もいます。

 

退会や休会の手続きをしてしまうと元の教室に戻ることに気が引けたり、また入会や引落しの手続きが面倒だと思ってしまいます。

レッスンに来なくなっても戻りたい人は一定数はいると思って運営をしていくと、生徒さんとの接し方も丁寧になるので、結果的に継続してレッスンに来てくれる方を増やし売上アップに繋がります。

 

生徒さんが継続してくれない、生徒さんが他のスタジオに流れてしまっているなど、お困りがある方は一度ご相談ください。

▷ 個別コンサルのサービスと料金について