ダンス教室、ダンススタジオの開業支援、経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

ダンスやヨガ教室を始めたい人、すでに経営している人に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。フリーのインストラクター向けにも情報を発信しています。ポールダンススタジオ経営7年、400名以上を指導してきました。

私のスタジオの経営が安定するまでにかかった期間

見込みの生徒さんがゼロの状態から安定した収入になるまでの期間は、半年が目安です。オープン初月から3ヶ月目までを体験レッスンや入会金をキャンペーン価格にして、4ヶ月目から6ヶ月目で固定の生徒さんに来てもらう流れを作ります。

 

安定するまでの半年間は、仕事を掛け持ちする、運転資金でしのぐ、貯金を切り崩すなどお金の状況は人によって異なりますが耐える必要があります。その間も、SNSで発信をしたりブログをマメに更新するなど集客には力を入れないといけないので、一番大変な時期になります。

 

目安は半年と書きましたが、この間に年末年始や卒業進学の時期が入っていると集客が難しくなるので、安定するまで1〜2ヶ月は先にズレると考えた方が良いです。

 

 

うちのスタジオのオープンからの収入です(見込みの生徒さん0スタート)

 

1ヶ月目:スタジオ家賃の半額が払える金額

2ヶ月目:スタジオ家賃と融資返済分が払える金額

3ヶ月目:スタジオ家賃分が払える金額(年末のため月収は下がる)

4〜5ヶ月目:スタジオ家賃と融資返済分が払える金額

6〜8ヶ月目:スタジオ家賃と融資返済分、生活費も支払える金額

9ヶ月目〜:安定

 

 

見込みの生徒さんがいて、独立して教室やスタジオを開業する予定の方でも、ゼロスタートになると思っておいた方が良いです。お客さんがあなたについて来てくれるとは限りませんし、元の教室さんと「お客さんを取られた」と揉めるのも避けたいです。

ゼロからスタートをさせる気持ちでいると経営者として賢くなりますし、不要な人間関係のストレスもなくなります。

今回は私の事例を出しましたが、開業してから半年を目安にやるべきことを進めていただければと思います。

 

安定した教室やスタジオ経営のためのお手伝いをしています。経営でのお悩みがあればご相談ください。

▷ 個別コンサルのサービスと料金について