【生徒さんに恵まれて新規集客に頼らない】インストラクターや講師業を目指す方へ経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

インストラクターや講師業ですでに開業している方に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。これからインストラクターや講師業で開業したい方に向けても情報を発信しています。集客テクニックだけじゃない経営アドバイスもしています。私自身はポールダンススタジオ経営8年目、400名以上を指導してきました。

ダンス教室、スタジオを開業するために必要なこと

ダンス教室・スタジオを開業したいなら、確定申告をしておき、融通が効く仕事をしておいてください。お金に関して準備と不安を除いておくと開業がスムーズにいきます。

 

確定申告をしておくのは、開業のために融資を受けたり、物件を借りるのに困らないためです。正社員としてインストラクターをしているのであれば確定申告は要りませんが、今フリーランスで教えているのであれば確定申告は必須です。独立したいのにお金のことに関して雑になっているのは、経営者として信用されません。

 

融通が効く仕事というのは、スタジオをオープンしても最初は思うように収入は入ってきませんので、そのための食い繋ぎです。テレアポや夜勤の仕事など、レッスンがない時間帯に入れる仕事を見つけておきましょう。開業後のお金の不安が減ります。

 

私は、スタジオ開業前から個人事業主として確定申告をしていたので融資を受けるのも物件を借りるのも大変ではありませんでしたが、開業に必要なことをたまたまやっていただけです。食い繋ぎの仕事はしませんでしたが、もし思うように売上が出なかったら他に仕事に行く覚悟はしていました。それくらいスタジオを開業して、ポールダンスを教えたかった想いがあります。

経営は想いだけでは成り立ちませんが、上手くいくために勉強したり工夫することで結果は変わってきます。開業したい想いがあるのであれば、ぜひ頑張っていただきたいです。

 

教室やスタジオの開業に関して不安や疑問をなくしたい方は、ご相談ください。開業から集客に関して、1ヶ月間密になってコンサルしていきます。

▷ 個別コンサルのサービスと料金について