【生徒さんに恵まれて新規集客に頼らない】インストラクターや講師業を目指す方へ経営アドバイスをするコンサルタント 森脇あやみ

インストラクターや講師業ですでに開業している方に向けてアドバイスや問題解決のお手伝いをするブログです。これからインストラクターや講師業で開業したい方に向けても情報を発信しています。集客テクニックだけじゃない経営アドバイスもしています。私自身はポールダンススタジオ経営8年目、400名以上を指導してきました。

入会率が上がる体験レッスンの進め方

体験レッスンで入会率を上げるには、次のようにレッスンを進めてください。これができれば、ほぼ100%ご入会頂けます。

 

まずやるべきことは、以下の質問をレッスンの最初に聞きます。

  • なぜ体験レッスンに来たのか
  • レッスンを受けることによって、何を期待しているか

 

何の目的で体験レッスンに来たのかを知る必要があります。目的が分かればアプローチの方法が決まってくるからです。

 

例えばダンスレッスンに来た理由が「ダイエット目的」なら、ステップや振りをただ教えるだけでなく、ダイエットに有効な動きやポイントを伝えます。

ヨガの体験レッスンに来た理由が「精神を整える」であれば、心の持ちようや普段心がけることなどメンタル面の話も入れる必要があります。

 

ヒアリングをせず体験レッスンのメニューをただ提供するだけでは、「この教室は思ってたのと違う」となります。

 

 

次に大事なのは、教えてもらったらできそうだけど一人ではできないと感じさせることです。

これを感じてもらうには、誰でも分かる簡単な言葉で説明をしつつ、プロの動きを見せることです。

説明を受けて理論は理解できたけれど、やってみたらプロの先生の動きには及ばないと思ってもらうようにします。

 

 

そして、レッスン中は褒めることです。褒められて嫌な気分になる人はいません。

体験の人が最後列にいて目が届きにくいのであれば、見える場所に来てもらいましょう。「あなたのことを気にかけています」というアピールをしてください。

この最初の人間関係をうまく築けなければ入会はしてもらえません。

 

 

この3つのポイントを抑えると入会率は必ず上がります。

ただし体験レッスン無料の場合は、冷やかしや他のジャンルの教室と比べて来ている可能性が高くなるので、入会率は上がりにくいです。

有料の体験レッスンはレッスンに通うかどうか本気で考えている人に来てもらいやすくなるので、レッスンしやすいです。

レッスン無料、入会金無料に頼らずに生徒さんを増やしませんか?

 

▷ ダンス教室、ダンススタジオ集客のコツ

▷ ヨガ教室、ヨガスタジオの開業と集客方法

 

▷ 個別コンサルのサービスと料金について